【7月24・25日】誕生日花と花言葉をご紹介。

Flower

こんにちは!konohaです。

7月も終わりに近づき、花火大会やお祭りが開催されいよいよ夏本番ですね。

konohaは関西に住んでいるのですが、明日25日は日本三大祭のひとつ、天神祭です。

綺麗な花火を毎年楽しみにしています♪

今年は、先輩の家がとっても綺麗に花火が見えるマンションなので夜はみんなで押しかける予定です(笑)

それでは、今回は7月24・25日二日間の誕生花と花言葉ををご紹介いたします。

7月24日誕生花は オシロイバナ。英名はfour-o’clock 由来は?

7月24日の誕生日花はオシロイバナ。漢字で書くと“白粉花です。

オシロイバナはメキシコが原産地のお花。開花時期は7 〜9月頃でオシロイバナ科のオシロイバナ属になります。

英名がfour-o’clockと呼ばれています。これは夏から秋の午後4時から翌朝10時頃に咲くためにこの英字名がついたそうです。そのままですが(笑)なんかカッコいい・・・

そして花言葉は、そんなカッコいい英名とはうらはらに「内気」です。

日本名のオシロイバナ(白粉花)の由来は、花の種子の中から白い粉っぽい実が出てくるようで、それを女の子たちが顔にぬって白粉ごっこ、お化粧ごっこをしたのが始まりだそうです。

夏休みの遊ぶ可愛い女の子たちを想像してしまいホッコリしますね。

オシロイバナは1本の枝から異なった色の花を咲かすこともあるので、もしお花屋さんで出会ったらお部屋に飾ると1本だけでもとても可愛くなると思います♪

 

7月25日誕生花は スイセンノウ。花言葉はウィット!

7月25日の誕生花はスイセンノウ

原産地はヨーロッパ南部、北アフリカ。開花時期は6〜8月。夏のお花です。

お花全体が柔らかい白毛で覆われていてフランネル(生地)の風合いに似ていることから、別名はフランネルソウと呼ばれています。

ナデシコ科のシレネ属に属しているスイセンノウ。

白・ピンク、紫色の花を咲かす可愛らしいふわふわとしたお花です。

花言葉はウィットウィットとはユーモアとかに近い意味ですよね。

ウィットな一言とか、ウィットに富んだ答えなど、少し人とは違う感覚、センスある表現をするなどの意味かなっと捉えています。

7月25日はkonohaの好きな人のbirthdayでもあるのですが、確かにウィットに飛びまくってます(笑)

彼が持っているウィットなセンスも好きなので、なんだかぴったりしっくりきます。

えーーっと、誰が興味あるねんですね(笑)すみません、、 😀

まとめ

7月24・25日の誕生花と花言葉をお届けしました。

どちらも小花でそんなにメジャーなお花じゃないですが、誕生花と誕生花を知ると親近感を覚えます。

お花屋さんで見つけたら花言葉を知っていることだけでも嬉しくなります♪

konohaはいつもそんな風にお花屋さんの中で、花の名前をみてこの花の花言葉はアレだ!っとひとりクイズをしたりして、頭の中お花畑で遊んでいます(笑)

お花を知ると気持ちも癒やされ日々の疲れが少なくなるのは本当だなと実感しています♪

最後までお読みいただきありがとうございます♪

関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
Flower
スポンサーリンク
phk28466をフォローする
Kana's 7Closets & Co.

コメント

タイトルとURLをコピーしました